So-net無料ブログ作成
検索選択

収納貸します!ハローストレージ

レンタルコンテナ 札幌 [レンタルコンテナ 札幌]

北海道最大の都市である札幌市。
冬場の除雪用具など活用方法がいろいろ考えられる、
札幌市のおすすめレンタルコンテナをご紹介します。

ハローストレージ
→海上輸送用のコンテナを使っているので耐候性は抜群。
 店舗数ももっとも多いです。

まだ情報が少ないので、今後不定期ですが更新していきます。

レンタルコンテナ 福岡 [レンタルコンテナ 福岡]

福岡県福岡市、北九州市という二大都市を抱えているせいか
レンタルコンテナの件数も多いです。
そのなかからおすすめのレンタルコンテナをご紹介します。

ハローストレージ
→ハローキティが目印のハローストレージ
 県内店舗はすべて屋外のレンタルコンテナタイプです。
 半年以上の長期利用がもっともお得な利用方法です。

スペースプラス
→数はまだ少ないですが、トランク内部はウッドパネル仕様の
 きれいな仕上がり。断熱タイプなので庫内温度は外気±5度です。

レンタルコンテナ 名古屋 [レンタルコンテナ 名古屋]

物価と所得のバランスがよく、三大都市の中では
経済的にもっとも暮らしやすいと思われる名古屋市。
そんな名古屋市内でおすすめのレンタルコンテナをご紹介します。

ハローストレージ
→店舗数が最も多いのがハローストレージ
 長期利用がお得です。

スペースプラス
→店舗数は少ないですが、断熱タイプのコンテナは
 庫内温度を外気温±5度に保ってくれます。
 また、内部壁面はウッドパネルが張られていて、
 一見すると普通の部屋のようです。

レンタルコンテナ 埼玉 [レンタルコンテナ 埼玉]

埼玉県内のおすすめレンタルコンテナをご紹介します。

ハローストレージ
→日本全国に店舗を持つハローストレージです。
 半年以上のご利用なら、業界最安値レベルの使用料です。

スペースプラス
→店舗数はまだまだ少ないですが、トランクそのものは、
 断熱仕様+ウッドパネル張りで、気温変化に強く快適な
 保管空間を提供しています。

レンタルコンテナ 価格 [レンタルコンテナ 価格]

レンタルコンテナの価格は業者や地域によって大きく異なります。

そのあたりの事情は、こちらの記事に書きました。
以下をご参照ください。

レンタルコンテナ 料金

共通テーマ:インテリア・雑貨

レンタルコンテナ 東京 [レンタルコンテナ 東京]

東京都内はレンタルコンテナが日本で一番多い都市ではないでしょうか。
そんな東京のおすすめレンタルコンテナをご紹介します。

ハローストレージ
→屋外のコンテナタイプだけでなく屋内型のトランクルームも
 たくさん店舗があるのがハローストレージ
 使用料の割引キャンペーン実施中の店舗もあって、長期利用なら
 とてもお得です。
 
スペースプラス
→ハローストレージより店舗数が少ないですが、トランクの仕様は
 勝るとも劣らないものとなっています。
 断熱タイプで庫内温度が外気温±5度に保たれることと、内部が
 ウッドパネル仕様のきれいな仕上がりな点が自慢です。

レンタルコンテナ 料金 [レンタルコンテナ 料金]

レンタルコンテナの料金がどのように決まっているのかをまとめました。

レンタルコンテナの契約は、不動産と同じく賃貸借の契約です。
多くの業者では、初回契約時におおよそ賃料の1カ月分程度の事務手数料が必要です。
また、毎月の支払いは、賃料のほか、鍵代やセキュリティ利用料などがかかる場合があります。
さらに契約終了時には、クリーニング代などの名目で解約手数料がかかる場合もあります。

その一方で、手数料が一切不要という業者もあります。
短期契約の場合、手数料不要は大きなポイントとなりますが、
賃料は若干高めに設定されているので、
利用期間を考慮したうえで、業者を選ぶとよいと思います。

というわけで、実は料金設定は業者によって大きく差があります。
まずはホームページを見たり話を聞くなりして、
契約内容をよく確認することをおすすめします。

レンタルコンテナ バイク [レンタルコンテナ バイク]

屋外型のレンタルコンテナの利用方法として人気なのがバイクです。

私の兄が10数年前まで、バイクを趣味で所有していたのですが、
当時は駐車場探しに苦労していたと聞いたことがあります。

週末しかバイクに乗らないのと、一人暮らしマンション
駐輪場に停めておくには若干高価なバイクに乗っていたので
セキュリティーの面を考えて、屋外型のトランクルーム
(レンタルコンテナ)を使っていたそうです。
バイクだけではスペースがあるので、他の荷物も置いていたそうですが。

トランクルーム内に置いたバイクは、
基本的に盗難や火災等の対象外になりますが、
屋外の駐輪場と比べれば、鍵がかけられる分安心です。
また、直射日光も避けられるので保管にはぴったりです。

ハローストレージの屋外型トランクルームの中には
スロープが用意されてバイクを収納しやすくしている店舗もあります。
駐輪場と比べても、使用料が安い場合があるので、
大切なバイクの保管場所をお探しの方は、
とりあえず電話で詳細を聞いてみるとよいのではないでしょうか。


ハローストレージ

レンタルコンテナ 倉庫 [レンタルコンテナ 倉庫]

レンタルコンテナは、コンテナというものの性質上、
屋外に置かれるものに限定されますが、広い意味では
レンタル倉庫の一部とも言えます。

逆にレンタル倉庫は、屋内型のいわゆるトランクルームも
含まれるので、レンタル倉庫として検索すると、
レンタルコンテナだけでなく、トランクルームも候補に
挙がってしまいます。

もし、屋外にあるコンテナタイプのレンタル収納スペースを
探したいなら、「レンタルコンテナ」という言葉で
検索をかけるのがよいと思われます。

レンタルコンテナボックス [レンタルコンテナボックス]

レンタルコンテナは、コンテナ(ボックス)を使用した
レンタル収納スペースのことです。
コンテナボックスとも呼ばれます。

最近郊外の空いた土地にたくさんコンテナが並んでいるのを
よく見かけますが、その多くがレンタルコンテナ(ボックス)です。

レンタルコンテナには、大小さまざまな大きさがあります。
0.5帖くらいから大きなものでは6帖ほどのものもあります。

屋外に置かれており、空調は基本的には自然換気なので、
主に屋外で使うものが収納に適しているものだといえます。
ただし、断熱材が使われているタイプであれば、
外気温+5度程度までしか室温が上がらないようです。

また、以下のようなものは預けることを禁止されています。

・有価証券類(金券、手形、株券など)
・CD、DVD、ブルーレイディスク、精密機器など
・爆発物や揮発性のあるもの
・動植物、産業廃棄物
・銃器、麻薬、その他公序良俗に反するもの

逆に多く利用されているのが、アウトドア系の趣味の品や
自動車バイク等のパーツやタイヤなどです。

基本的には24時間荷物の出し入れは自由ですが
搬入・搬出は自分でしなければなりません。
また、重いものを入れたい場合は、
車が横付けできるように設置されたコンテナを
選ぶのがおすすめです。

コンテナボックスには細かい規定がないので、
業者によって使い方のルールは異なります。
契約する際は事前に内容をしっかりと確認してください。

使い方を理解して、上手に活用できるといいですね!



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。